定期利用(クリッピング)

  • ・紙媒体でのクリッピングは月間の利用記事数(上限)や配付部数/共有人数(上限)を、デジタル媒体はさらに記事データの保存期間などの条件を定めて契約し、記事を社内・組織内に限って利用・共有していただくものです。
  • ・紙媒体に複製して共有する「紙媒体」(年間税別60,000円~)とイントラネット・組織内メール等で共有する「デジタル記事利用許諾」(同180,000円~)の2種類の契約があります。
  • ・対象となる日本経済新聞社の媒体は、「日本経済新聞」、「日本経済新聞電子版」、「日経産業新聞」、「日経MJ」、「日経ヴェリタス」、「Nikkei Asia」で、これらの記事を毎月合計5本以上継続的に利用・共有する「クリッピング」と定期的に開催される社内・組織内の会議で継続的に毎月5記事以上を共有する「定例会議利用」になります。「デジタル記事利用許諾」で「定例会議利用」を選択した場合は、オンラインの会議ツールでの共有も可能です。
  • ・日本経済新聞社は2021年8月から記事の2次利用の許諾業務の一部を公益社団法人日本複製権センター(JRRC)に 管理委託しましたが、上記の「クリッピング」はJRRCの許諾範囲外で、こうした利用の場合は、日本経済新聞社と直接ご契約いただく必要があります。

官公庁・独立行政法人・大学

  • ・官公庁・独立行政法人・大学等の定期契約は2022年度から、「紙媒体」「デジタル記事利用許諾」ともに見積書、申込書が入力画面に必要事項を入力することで作成できるようになりました。
  • ・定期利用契約は4月から翌年3月までの年間契約で、自動更新のない「単年度」と、期間満了1カ月前までに通知がない場合は同一条件で契約を更新する「自動更新」があります。
  • ・以下の「お申込み・見積もり依頼はこちら」から、入力画面に沿って当社プライバシーポリシー、利用規約にご同意の上、必要事項を記入してください。
  • ・「単年度契約」の場合、申込書の内容を当社が確認し、問題なければ承諾書を作成。そのPDFをお客様ごとに設けるマイページに収納します。こちらで契約手続が完了となります。マイページに収納された申込書、承諾書のPDFが契約書の原本となります。
  • ・2022年度以降は、自動更新の場合は、更新時期の3カ月前に「契約内容のご確認」の連絡を差し上げます。変更がなければ自動更新となり、変更がある場合は、マイページから変更内容に基づいた見積書、申込書の入力・作成をお願いします。
  • ・お支払いは年度末の請求書(当社書式)発行後、同請求書記載の銀行口座に一括でお支払いいただきます。振り込み手数料は負担いただきます。「口座登録」「債権者登録」などの書類は交付・提出できません。
  • ・本契約は当社の著作権に基づく限定的なライセンス契約です。物品の納入や役務の提供ではございませんので「納品書」「業務完了報告書」といった契約内容に合致しない書類は交付・提出できません。

お申し込み・見積もり依頼はこちら

入力画面へ

(注1)入力画面の推奨ブラウザはGoogleChrome、Firefox、Microsoft Edge、Safariの最新版です。ただセキュリティ対策ソフトやブラウザの拡張機能を使用されている場合や、Internet Explorer11は使えません。

(注2)入力画面のご利用は月曜日から土曜日の7:00~22:00でお願いします。深夜早朝と日曜日は手続きができません。毎月第1火曜日(年末年始、休日を除く)はシステムの定期メンテナンスのため18:00までの稼働とさせていただきます。

一般企業・団体

  • ・定期契約は原則4月から翌年3月までの年間契約で、期間満了1カ月前までに通知が無い場合は同一条件で契約を更新する「自動更新」となります。
  • ・お支払いは前払いで「年間一括」と「半年ごと」の2種類があります。
  • ・「紙媒体」「デジタル記事利用許諾」ともに以下のそれぞれの入力フォームからお申込み・見積もり依頼を願いします。担当者よりご連絡させて頂きます。

デジタル記事利用許諾 お申し込み・見積もり依頼はこちら

入力画面へ

紙媒体 お申し込み・見積もり依頼はこちら

入力画面へ

記事利用について

日本経済新聞社について